一般内科

一般内科

カゼ症候群

カゼ症候群

インフルエンザウイルスの感染症に対しては5分前後で判明する迅速診断キットを揃え、的確な診断と迅速な治療を心掛けています。
一般的な上気道炎には、症状に応じて漢方薬を多用するなど、ありきたりなカゼ処方からの脱却を図っています。
また、眠気の生じない薬を使うなど、患者様一人ひとりの生活状況に応じた処方を心掛けています。

各種感染症

カゼ症候群や下痢などの症状を引き起こす細菌感染・ウイルス感染のほかに、真菌が原因となる白癬症(水虫)や、ウイルスが原因となる単純疱疹(口唇ヘルペス)や帯状疱疹、さらにはニキビなどの皮膚疾患に対して、内服薬治療や外用剤を使った治療を行います。

頭痛

肩こりが原因の筋緊張性頭痛と片頭痛の鑑別を行い、適切な治療を行います。
肩こりが原因と判断した場合、認定スポーツ医である本木下副院長の整形外科外来を受診するようお勧めしています。

甲状腺疾患

甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症などの慢性的内分泌疾患の管理(検査・治療)を行います。
殊に、甲状腺機能亢進症に伴う動悸症状に対しては、心臓の負担を軽減させるべく、循環器内科医のきちんとした治療が欠かせません。

貧血

さまざまな原因で起こる貧血の管理(検査・治療・予防)、および白血病の検査を行います。
殊に貧血が進行してくると、動悸など心臓症状が出現しますので、適切な治療が必要です。

自律神経症状

起立性低血圧など自律神経に関連した病態に対する検査・治療を行います。
その他、不定愁訴に対して他の疾患が隠れていないか検査します。
当院で治療を行なうほか、症状によっては専門の医師にご紹介します。

更年期障害

更年期に女性ホルモンのバランスが崩れたことによって引き起こされる動悸や発汗などの様々な症状に対して、“更年期障害”として片付けてしまうのは危険です。
他の疾患が隠れていないか調べるとともに、漢方薬やホルモン剤を用いて治療を行います。
当院で治療を行うほか、症状によっては専門の医師にご紹介します。

神経症(ストレス)

軽いうつ状態や不安発作(動悸・めまい・頭痛など)は、ストレスによって誰でも起こり得る日常的な症状です。
しかし、一概にストレスが原因と片付けてしまっては危険です。
他の疾患が隠されていないか、検査することをお勧めします。
当院で内服薬治療をするほか、症状によっては専門の医師にご紹介します。

腎・尿路系疾患

女性に多い単純性膀胱炎や、高尿酸血症に合併しやすい尿管結石などは、簡単な検査で診断可能です。

胃腸疾患

胃痛、下痢、嘔吐、食欲不振、腹痛、便秘、過敏性腸症候群など、一般的な消化器疾患に対する治療を行います。

肝臓・胆のう・すい臓疾患

慢性肝炎、胆石、慢性膵炎などの管理を行いますが、積極的な治療に関しては当院の消化器内科で専門の医師による診察を行います。 ※消化器内科の項を参照ください。

リウマチ膠原病内科

2010年5月から非常勤医師を迎え、リウマチ膠原病内科も加わりました。
関節リウマチのほか、シェーグレン症候群や全身性エリテマトーデス(SLE)、強皮症、皮膚筋炎などの膠原病疾患の診療を行っています。また、当院では「公益財団法人日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師」の資格保有者2名が常勤しています。お気軽にご相談ください。

一般健康診断・予防接種

一般・企業健康診断や各予防接種を実施しています。※詳細は、予防接種健康診断の頁をご参照ください。

予防接種

一般・企業健康診断や各予防接種を実施しています。※詳細は、予防接種健康診断の頁をご参照ください。

CONTACT

ご予約・お問合せはお気軽に

9:00~12:30、15:00~18:00 0120-55-9824 0120-55-9824